2013年02月12日

社会生活技能(鹿児島県の発達障害の特徴)


2013/01/14の体罰
体罰を肯定する指導者は桑田氏に論理的に反論してみろと言いたい。
「私は、体罰を受けなかった高校時代に一番成長しました」 元巨人・桑田の体罰否定論に多数の共感コメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130112-00000005-jct-soci
大阪市立桜宮高2年のバスケットボール部主将の男子生徒が顧問教諭(47)から体罰を受けて自殺した問題で、元プロ野球選手の桑田真澄さん(44)がNHKや朝日新聞などのインタビューで語った「体罰否定論」に多くの共感が寄せられている。

本人の自伝でも有名な「府大会4回戦」以降で全てが変わったようです。ピッチャーを苛めて壊すと、PLそのものが負けますから上級生も手出しできなくなったんです。
桑田氏は1年の夏の大会前までは壮絶な上級生からのいじめもあったそうです。




ん〜、気持ち微妙に暑い。なんてね。クラシアン ■http://www.qracian-kagawa.com/ 近頃の流行は展開がめまぐるしくて混乱しちゃうね。 ふぅ。

鹿児島県の発達障害の特徴と言えばやっぱりアレ!?


「鹿屋市」とか「阿久根市」、「肝付町」だとしたら、まずは近くを探して確認しましょう。


ネットが良いなら教えてgooなどでも具体的な相談があります。


経験則では同じことを考えていても良いアイデアは思いつくとは限りません。鹿児島県だったら、「韓国岳」など「奄美大島住用」「霧島温泉」などで気分転換もいいことと思います。 それでは、メインコンテンツです。






それでは、岩手県のかんたんに発達障害の特徴の、「社会生活技能」を説明します。




広汎性発達障害のなかでも特に、発達障害(アスペルガー障害)や高機能自閉症があるお子さんたちのなかには特徴がある子どももいます。

ご家庭ではご家族の理解と支援もあって、日常生活をうまくこなしていけるようになるお子さんも多くいらっしゃいます。


しかし、それでも一歩社会、幼稚園や学校、地域社会に出ると、とたんに困難にぶつかってしまいます。

『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004では、「社会生活技能を指導する上での基本原則」の詳細以下のような原則とその例を挙げています。


原則「抽象的なことの具体化」


●ルールを示す。たとえば「会話を始めるときは、5秒間、アイ・コンタクトをする。

●複雑な行動を段階的に分析し、それぞれの段階を教えていく。たとえば、「会話は、始まりと、間、終わりから成り立つ」。


 

原則「変化を助ける」


●グループ活動の概要を、スケジュール表に順番づけて書いて示す。


●開始の討論、グループ活動、役割練習、おやつ休憩、楽しいおしゃべり、そうしてお別れ、というように、毎回会合では、予測できる一定の活動を行う。


原則「動機付け」


●ひとりひとりの子どもに現実的な目標を設定する。

●目標を達成したらご褒美を与える。


 

原則「一般化」


●両親とセラピスト間のコミュニケーションと協力を図る。

●グループのメンバーに電話をかけておしゃべりをするなど、診察室以外の場でも可能な宿題を与える。

















ほか、関連サイト  





続きを読む
posted by 発達障害の子育て at 00:34| 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。