2013年07月29日

発達障害をもつ人の自伝(兵庫県の発達障害の特徴)


批判を気にせず、黙々と走り込んで下半身をまず作れ。鎌ヶ谷に黒木ロードならぬ斎藤ロードでも作ってみろ。
斎藤佑樹を潰した「大学4年間」の“なぜ”…素質は「東尾」級
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000549-san-base
大学4年間で人生が変わる選手は何人もいた。昨季の新人王、ロッテの益田だ。市立和歌山商では控え内野手。関西国際大入学後、「大学で野球は終わりだから、投手をやろう」とブルペンで投げ始めたら、いい球を投げる。そこから投手人生が始まった。

あれだけ散々煽っておいて、「潰した」なんて書くのはあまりにも身勝手すぎないかい?マスコミさん。
うーん。ハンカチが汚れてたとかドクロマークとか、魔王とか、語彙力の微妙さが気になった。



ふぅ。知ってるかな?詳しいサイトあるかな?近頃のネットは流れがめまぐるしくて大変だよね。 ふぅ。

兵庫県の発達障害の特徴の情報を探している人限定の話です。


「大阪市西区」など「高石市」「高槻市」だとしたら、まずは近くを探して確認してみてください。


ネットが良いならヤフー知恵袋などでも、詳しい話が載ってる場合があります。


経験則では考えすぎでも良いアイデアはでません。 兵庫県だとしたら、「USJ」や・「造幣局「桜の通り抜け」」とか「長堀鶴見緑地線」などで気分転換もいいと診断されることと思います。 じゃぁ、メインコンテンツにいきますね。 色々なパターンがあるのです。だからたくさん情報を調べましょう。






それでは、兵庫県の「発達障害をもつ人の自伝」です。




発達障害をもつ人たちは、自分の障害を周囲が理解していないがために多くの苦しみを負うことになる場合がよくあります。

 

彼らの障害の特徴を理解するために、彼ら自身が筆を執るようになってきています。

 

発達障害をもつ人の自伝を読むことが、障害の特徴を理解する最も適切な手段となるのではないでしょうか?

以下に発達障害や自閉症をもつ人たちによる自伝を幾つかご紹介します。


 

●『地球生まれの異星人自閉症者として、日本に生きる』花風社2003


●『アスペルガー的人生』東京書籍2002

●『自閉症だったわたしへ』新潮社1993


●『こころという名の贈り物続・自閉症だったわたしへ』新潮社1996

●『ドナの結婚自閉症だったわたしへ』新潮社2002


●『ずっと「普通」になりたかった』花風社2000

●『もう闇のなかにはいたくない 自閉症と闘う少年の日記』草思社1999


●『他の誰かになりたかった 多重人格から目覚めた自閉の少女の手記』花風社2004

●『ぼくの発達障害 もっと知ってよ。ぼくらのことを』東京書籍2001


●『ぼくとクマと自閉症の仲間たち』花風社2003

●『変光星自閉症の少女に見えていた世界』花風社2004


●『平行線ある自閉症者の青年期の回想』ブレーン出版2002


また、発達障害をもつ人たち、およびそのような人のご家族の方々のためです。


その行動と感覚の問題への対処法を述べた書籍もあります。

●『発達障害と感覚敏感性への対処法』東京書籍2004
















ほか、関連サイト  





続きを読む
posted by 発達障害の子育て at 19:57| 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

関連・誤診の可能性がある診断(山梨県の発達障害の特徴)


清義明などの批判グループの名前を出さない時点で怪しさ満点だよなwマスゴミの報道姿勢が素晴らしいw
新宿排外デモで暴行容疑―警視庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000523-san-pol
清義明がらみで、在日韓国・朝鮮人の排斥などを主張するヘイトスピーチ(憎悪表現)デモが行われている東京・新大久保で、デモ隊と対立グループの衝突があった。

逮捕者はデモ隊側が高田容疑者を含む4人、批判グループ側が写真家の久保憲司容疑者(48)=世田谷区宮坂=ら4人。デモをめぐるけが人はいなかった。
日本政府が在日特権を廃止し、国交を断絶すればこんな問題は起こらない。 韓国も日本が嫌いなようだしお互いにウインウインの関係じゃないの??早く提案してくれよ。




山梨県の発達障害の特徴といえば旅行についでに体験したいですよね。


「甲府市」など「丹波山村」とか「身延町」だとしたら、まずは近くを探してみましょう。


また、オーケーウェブなどでも詳しい話が載ってる場合があります。


名案が浮かぶ裏技ちょっとした考え方。山梨県だったら、「谷櫻」とか「ぼんち」、「笹一酒造」などで気分転換もいいことと思います。 じゃぁ、対策の話にいきますね。






それでは、山梨県の発達障害の特徴について、「関連・誤診の可能性がある診断」を説明します☆




子どもの精神疾患は、まだ診断の歴史が浅いことと、そもそもお子さんの場合、成長期にあることから症状に変化があります。

診断が不完全であったり、変化したり、あるいは誤診される可能性さえ少なくありません。


 

関連、類似性がある診断とその特徴参照『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004


●注意欠陥/多動性障害1.不注意2.多動性3.衝動性

●聴覚障害/人の話に耳を傾けない


1.多重周波の音に対する聴覚能力の低下、もしくは完全な障害

2.年齢、教育、および知能から考えても予想外の読字、書字、計算の困難。


●精神遅滞

1.知能指数が70未満


2.日常生活の活動(例:食事、着替え、排便、人とのコミュニケーション、労働、遊び)を年齢相応に、人に頼らずにすることができない。

●非言語性学習障害


1.算数能力がIQを著しく下回る。

2.非言語性IQが言語性IQを著しく下回る。


3.空間処理(パズル、地図)に関する困難性

4.幼稚な字


5.動作のまとまりの悪さ、ぎこちなさ。

●強迫性障害


1.持続性、反復的な思想、行動、または儀式的行為

2.ある行動を実行できないと極度に不安になる


3.それが無意味な行動であることを理解している。

●反抗挑戦性障害


1.否定的、非友好的、挑戦的もしくは権威者に対する反抗的態度

●反応性愛着障害


1.社会的関わりが顕著に妨げられている。

2.著しい虐待または無視


●ジゾイドパーソナリティ障害

1.社会的関係にほとんど興味がない


2.無表情もしくは感情的に強い反応が乏しい













ほか、関連サイト  


loccitaneショップ


なんか微妙に暑い。よし。近頃のネットは展開がめまぐるしくて混乱しちゃうね。 ふぅ。
続きを読む
posted by 発達障害の子育て at 20:04| 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。