2013年09月23日

発達障害に関する参考書(山口県の発達障害の特徴)

山口県の発達障害の特徴を検索している人限定の話です。


「阿武町」また「宇部市」また「宇部市」だったら、まずは近くを探して確認してみてください。


オーケーウェブなどでも詳しい話が載ってる場合があります。


でも、面白いのが考えすぎでもこれだ!という答えは思いつくとは限りません。山口県でしたら、「俵山温泉」や・「星の湯」や・「下松市栽培漁業センター」などで気分転換もグッドなのかもしれませんよ。 では、具体的な話を説明します。






それでは、山口県の「発達障害に関する参考書」をサクっと解説いたします☆




「発達障害」また、「アスペルガー障害」あるいは「高機能自閉症」という言葉を最近、よく耳にするようになりました。

はたしてそれらがどのようなものなのか、またこれらの間にどういった違いがあるのかのことついては知らない人が多いでしょう。


発達障害を、正確に理解している人はおそらく少ないのではないかと思います。

 

まずは現在の日本において参考となる書籍を紹介します。

1.発達障害と高機能自閉症に関する全般的な参考書


●『発達障害と高機能自閉症』星和書店2004

●『ガイドブック・発達障害・・・親と専門家のために』東京書籍1999


●『自閉症と発達障害』東京書籍1996


2.養育、家族のための参考書

●『自閉症児の「きょうだい」のために』ナカニシヤ出版2003


●『高機能自閉症・発達障害入門 正しい理解と対応のために』中央法規2002

●『高機能自閉症・発達障害「その子らしさ」を生かす子育て』中央法規2003


 

3.教育の問題につきましての参考書


●『親と先生のための自閉症講座・・・通常の学校で勉強するために』ナカニシヤ出版2000

●『すぐに、、役立つ自閉症児の特別支援Q&Aマニュアル・・・通常の学級の先生方のために』東京書籍2004


4.社会技能訓練および社会的介入に関する参考書


●『自閉症の人のライフサポート TEACCHプログラムに学ぶ』福村出版2001

●『困った子どもとのかかわり方 行動分析による新しい保育・教育』川島書店2000


[参照:『発達障害と高機能自閉症』星和書店]
















ほか、関連サイト  





知ってるかな?詳しいサイトあるかな?フェイスブックで見たんだけど、なんなの? ふぅ。
続きを読む
posted by 発達障害の子育て at 13:33| 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

社会相互作用における質的障害の症状と例(岡山県の発達障害の特徴)


1冊本を出すとき、背後ではたくさんのプロの、たくさんの労力がある。
矢口真里 お蔵入りした「夫婦愛本」のイタすぎる話
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130615-00000004-tospoweb-ent
不倫、離婚で日の目を見ることはなくなったが、ある出版関係者によると「すべてのチェックも終えて、じゃあそろそろ印刷っていう3月ごろに、矢口の事務所の方から『事情が変わったから』と待ったがかかったそうです。そのときは詳しい事情は伝えられなかったが、別居が報じられて納得したそうですよ」。

結婚も旦那さんも自分の飾り物の一部のような扱い方だよね。
その中に夫婦円満の秘訣は、旦那不在時に不倫することですとか書いてないか?



岡山県の発達障害の特徴といえば旅行についでに体験したいですよね。


「久米南町」、「津山市」、「浅口市」なら、まずは近くを探して確認しましょう。


教えてgooなどでも具体的な相談があります。


心理学的にも考えすぎでもこれだ!という答えは思いつくとは限りません。岡山県なら、「チボリ公園」とか「岡本太郎の絵の前」また「新松之江雅亭」などで気分転換もグッドかもしれないですね。 さっそく、対策の話を説明します。 少なくとも5ページくらいは、見てくださいね。






それでは、岡山県の発達障害の特徴に関連する、「社会相互作用における質的障害の症状と例」を紹介してみます。




DSM−4による自閉症の症状は、1.社会相互作用における質的障害、2.コミュニケーションにおける質的な障害、3.行動、興味、および活動が限定され、反復的があり、そのうち1の社会相互作用における質的障害とは、具体的に次の4つの症状を言います。

(^^;)

1.対人的相互関係を調整する非言語性行動の使用の著明な障害、2.発達水準に相応の仲間関係をつくることができない、3.喜びや達成、または興味を他人と分かち合うことがほとんどない、4.社会的または情緒的相互作用の欠如

 

このうち、3と4の症状のことでその例をあげてみます。

参考:『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004


症状3喜びや達成、または興味を他人と分かち合うことがほとんどない


●自分の好きな活動、テレビ番組、玩具をひとりで楽しみ、他の人間を巻き込もうとはしない。

●活動、興味もしくは成し遂げたことに他人の関心を引こうとしない。


●褒められることにほとんど関心がないか、反応しない。

 

症状4社会的または情緒的相互作用の欠如


●他人に反応しない;「耳が不自由にみえる」

●他人に対する自覚がない;他人の存在に「気がつかない」


●孤独な活動を強く好む。

●他人のけがや、調子が悪くても気づかない;慰めようとしない。


(^_^;)

社会的相互作用とは、他人とのやりとりをすることを意味します。


上記のような症状と例をみると、自閉症という障害のなかでその重症度に幅があるだろう、ということは容易に察しがつきます。


何より、その最も軽症度の端には、「正常」に限りなく近い症状があるということもわかります。

そもそも「孤独を好む正常な人」と、「孤独を好むことが障害と判断される人」の違いとはいったい何か、と首をかしげたくなるのではないでしょうか?
















ほか、関連サイト  





ねぇねぇ、教えてちょ。プロっているかな。クラシアン クラシアンemanaging-ltd.com/ 近頃の流行ははやり廃りがめまぐるしくて大変だよね。 ふぅ。
続きを読む
posted by 発達障害の子育て at 14:06| 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。