2014年01月27日

コミュニケーション障害の2つの症状と例(鹿児島県の発達障害の特徴)



彼女・友人をレンタル、心を満たす 食事やおしゃべり…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131027-00000012-asahi-soci

行きたい店があるけど、一人では心細い。誰かに話を聞いてほしい。でも、相手がいない。そんな人たちの心のすき間を埋めようと、「レンタルフレンド」と呼ばれるサービスが生まれている。



男一人で、女一人で生きにくい・・・ なんて場所とかだと、気軽なサービスなんだろうね。

これだけネットが普及すると、趣味があう人や、タイミングの会う時だけの関係は、人間関係とか煩わしくなくていいかも。

レンタル彼氏、レンタル彼女なんてのもありますね。 昔なら恋人代行?彼女のレンタルこんなのとか?



鹿児島県の発達障害の特徴と言えばやっぱりアレ!?


「瀬戸内町」「姶良町」また、「日置市」だとしたら、まずは近くを探して確認しましょう。


教えてgooなどでも詳しい話が載ってる場合があります。


脳科学的にも同じことを考えていてもこれだ!という答えはでないものなんですよね。鹿児島県でしたら、「ばしゃ山村」「指宿温泉」や・「九州新幹線」などで気分転換もいいことと思います。 では、本題に進みましょう。






それでは、青森県の「コミュニケーション障害の2つの症状と例」です。




アメリカ精神医学会の定める『精神疾患の分類と診断の手引き』DSM−4では、しばしば発達障害と関連、比較、混同される自閉症の診断基準を定めています。

まず、障害の分野を次の3つに分けています。1.生涯の社会相互作用における質的障害2.コミュニケーションにおける質的な障害3.行動、興味、および活動が限定され、反復的


そのうち、2.コミュニケーションにおける質的な障害として、4つの例をあげています。


1.話し言葉の発達の遅れ、または完全な欠如

2.会話を維持することが困難


3.不自然もしくは反復的な言語

4.発達水準に不相応な遊びを挙げています。


この3と4を学びましょう。のその症状の具体的な例を、『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004では、次のようにあげています。

 

症状3不自然もしくは反復的な言語

●他人に言われたことを繰り返す。(エコラリア反響言語)


●ビデオ、本、またはコマーシャルの言葉を不適切な時や文脈を無視して繰り返す。

●子どもが自分で作り上げた、もしくは自分にしかわからない特別な意味をもつ単語や語句を用いる。


●適度に形式ばり、学者ぶった発話スタイル(「小さな教授」のような口ぶり)。

 

症状4発達水準に不相応な遊び

●遊び道具を使った物まね遊びをほとんどしない。


●物を他の物に例えるごっこ遊びを滅多にしない(例:バナナを電話に例えるなど)

●オモチャを何かに例えるのではないです。具象的に用いることを好む(ブロックを組み立てる、人形の家具を配置するなど)


●子どもが幼い場合、いないいないばあ、などのような社会性のある遊びにほとんど興味がない。

















ほか、関連サイト  
発達障害wiki 

会社のブログ・ホームページはデザインがすべて!!! 感性ウェブデザイン講座


ほんのチョット、知ってるかな?最近の流行は展開がめまぐるしくておもしろいけどね。
続きを読む
posted by 発達障害の子育て at 13:52| 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。