2009年12月21日

非言語的技能(奈良県の発達障害の特徴)




大友輝ちゃん、周年おめでとめろん☆



奈良県の発達障害の特徴といえばやっぱりアレ!?


「田原本町」など「下北山村」「十津川村」でしたら、まずは近くを探して確認してみてください。


ネットが良いならヤフー知恵袋などでも、具体的な相談があります。


ところが、同じことを考えていても良いアイデアは思いつくとは限りません。奈良県だとしたら、「デイリ−カナ−トイズミヤ」など「みむろ最中」など「天辻峠」などで気分転換もいいと診断されると診断されるかもしれません。 さっそく、具体的な話に進みましょう。 色々なパターンがあるので、たくさん情報を調べましょう。











それでは、奈良県の発達障害の特徴に関連する、「非言語的技能」をちゃんとお話をします☆









発達障害や高機能自閉症のあるお子さんたち、つまり、高機能自閉症スペクトラム障害があるお子さんたちは、正常な知能とかなり優れた言語使用(表出言語)能力をもっています。

 

しかし、アイ・コンタクトや、社会的な距離、声の大きさ、社交的表現といった、社会的なやり取りに必要な言語能力に欠けています。

そのため彼らは饒舌に、時には、「小さな博士」のように驚くべき知識をもって、一方的に話をすることができます。



その反面、人と会話のキャッチボールができないのです。したがって、これらの非言語的行動を教えることも彼らの一般的なプログラムに含まれる必要があります。

『みんなで学ぶ発達障害と高機能自閉症』星和書店2004では、次のような項目がプログラムに含まれることを指摘しています。



●交際の技能

・人にあいさつをする。・グループに参加する。・交替で行う。・共有する。・妥協と和解。・グループのルールに従う。・親しい友だちの性質を理解する。



●会話の技能

・会話をはじめ、持続し、終える。・交替で話をする。・意見を言う。・相手の質問に答える。・相手への関心を表す。・適切な話題を選ぶ。



●考えや感情の理解

・共感を示す。・相手の物の見方を理解する。・困難な感情に対処する。



●社会的問題の解決と衝突への対処

・「いや」と言われること、からかわれること、仲間はずれにされることにうまく付き合っていく。



●自覚

・自閉症スペクトラム障害、個人的な長所、特有の困難、および自分を受け入れることに関連して学ぶ。



  

 !
































ほか、関連サイト  





理想体型ダイエットで生まれ変わる! 姫式・体型美人塾







posted by 発達障害の子育て at 20:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうせやるなら、金貰わないと損だろwww
http://NYanyanyan.com/u1/hplhr7s
Posted by らい at 2009年12月24日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。